スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【古生物画廊・恐竜編】チンタオサウルス

“青島(チンタオ、中国の一地名)所縁の爬虫類”

Tsintaosaurus

*データ*
<分類>爬虫綱鳥盤目(鳥脚亜目)ハドロサウルス科
<大きさ>全長7~10m
<食性>植物食
<発掘地>中国(白亜紀後期)

頭部に備わったトサカが特徴的な大型の植物食恐竜です。このトサカについては、(本種のものと断定可能な頭部の標本に関しては)不完全な標本しか無かった為に「鼻の骨が分離変形したもので、元来はトサカの無い平坦な鼻面だった」とされたり、一角獣のツノを連想させる棒状の突起物として復元されていた事もありました。然し、近年の研究から、それまで棒状の突起物として復元されていたトサカが実は「板状の大きなトサカの一部」である可能性が示唆されました。
湿潤な氾濫原に群れで棲み、様々な植物を食べて暮らしていたと推測されています。


復元の変更に伴い、過去エントリーを再編してお届けしています。尚、過去エントリーに関しては後日削除の予定です。
(イラスト&文責 熊猫堂)
スポンサーサイト

【古生物画廊・恐竜編】ムスサウルスとスキウルミムス

今日に至るまで数多くの恐竜化石が発掘されて居ますが、その中には人間で言う「おとな」の化石だけではなく、当然の事乍ら「こども」の化石も含まれています。
元々恐竜の化石自体、全身像が判るほど完全な状態で見つかる事が稀である(種によっては逆に化石量が豊富で成長過程が詳しく判明して居るものも存在しますが)為、恐竜の「こども」についてはそれほど多くが判明している訳ではありません。然し、中には驚くべき発見を含む保存の良い化石が見つかる例もあります。その中でも、とみに有名な2例を紹介します。


“ハツカネズミの爬虫類”

ムスサウルス Mussaurus 
*データ*
<分類>爬虫綱竜盤目(竜脚亜目)プラテオサウルス科
<大きさ>全長15~20cm
<食性>植物食
<発掘地>アルゼンチン(三畳紀後期)

カミナリリュウに近い仲間である「原竜脚類」と呼ばれる仲間の「こども」の化石です。タマゴ、孵化したての「こども」、ある程度成長した「こども」の化石が複数見つかっています。
タマゴの大きさはウズラのタマゴとほぼ同じ大きさで、孵化したての「こども」の化石は人間の掌にすっぽりと収まる程の大きさしかありませんでした。
「ハツカネズミの爬虫類」と言う属名はこの小ささに由来するものです。
タマゴの親の化石は見つかってませんが、成長すれば「おとな」は全長3m程になっただろうと推測されています。


“リスを模倣する者”

スキウルミムス Sciurumimus
*データ*
<分類>爬虫綱竜盤目(獣脚亜目)メガロサウルス科
<大きさ>全長70cm
<食性>肉食
<発掘地>ドイツ(ジュラ紀後期)

一方此方はメガロサウルス類に属する大型の肉食恐竜の「こども」と考えられる化石です。ほぼ全身が保存された1体分の化石が見つかっています。
最大の特徴は化石に羽毛が生えていた痕跡が残っていた事で、特に全長の半分を占める長い尾にはふさふさとした毛が密集して生えていました。その尾がまるでリスの尾にそっくりである事からスキウルミムス…「リスを模倣する者」と言う属名がつけられました。
この化石は、少なくとも肉食恐竜の一部の「こども」がふさふさした毛皮を持っていた可能性を示唆すると同時に、これまで羽毛の痕跡が確認されて居なかったメガロサウルス類にも羽毛を持つ種類が存在した事を裏付ける資料として貴重です。


(イラスト&文責 熊猫堂)

【古生物画廊・恐竜編】サルタサウルス

“サルタ(アルゼンチンの一地名)の爬虫類”

saltasaurus

*データ*
<分類>爬虫綱竜盤目(竜脚亜目)タイタノサウルス科
<大きさ>全長10~15m
<食性>植物食
<発掘地>アルゼンチン(白亜紀中期~後期)

カミナリリュウとしては小型の部類に入る恐竜です。
どっしりとした胴体と比較的短く頑丈な四肢を持っています。最大の特徴は背中に存在する大小二種の骨質の「装甲」で、小さな方の装甲は豆粒ほどでびっしりと背中を覆い、大きな方の装甲は握り拳大ほどの骨板で、小さな装甲で埋められた背中の所々にぽつん、ぽつんと存在していました。これらの装甲は、天敵である大型肉食恐竜の攻撃から身を守るのに役立てられたと考えられています。
本種は、卵と集団営巣地の化石が見つかっている事でも知られています。孵化したばかりの幼体は全長30㎝ほどで、背中の装甲も未発達だったようです。


(イラスト&文責 熊猫堂)

【古生物画廊・恐竜編】ドゥリオサウルス

“樫の木の爬虫類”

Dryosaurus

*データ*
<分類>爬虫綱鳥盤目(鳥脚亜目)ドゥリオサウルス科
<大きさ>全長3~4m
<食性>植物食
<発掘地>北アメリカ、アフリカ、ニュージーランド(ジュラ紀後期)

「樫の木の爬虫類」を意味するこの学名は、本種が森林の中で暮らしていたと考えられていた事に由来する命名です。
二足歩行タイプの植物食恐竜で、後足は大腿骨より脛骨の方が長く、速く走る行動パターンに適応していました。外見は、似たような仲間の小型植物食恐竜ヒプシロフォドンを大きくしたような感じで、体つきはヒプシロフォドンよりがっしりしており、後脚の機能指は3本まで減少していました(ヒプシロフォドンでは4本)。また、前顎部の歯が退化して嘴状を呈する、体に比べて頭が小さいなど、ヒプシロフォドンよりも寧ろ進化した身体的特徴を持ち合わせているのも特徴的です。5本指の前足は小さいですが、孵化したばかりの子供は親よりも相対的に前足が強く、4本足で歩く事も出来たと考えられています。
分布域の広い恐竜で、不確かな記録も含めると化石は世界各地で見つかっています。


(イラスト&文責 熊猫堂)

【古生物画廊・恐竜編】シノサウロプテリクス

“中華龍鳥(中国の爬虫類の翼)”

Sinosauropterix

*データ*
<分類>爬虫綱竜盤目(獣脚亜目)コンプソグナトゥス科
<大きさ>全長1.2m程度
<食性>肉食
<発掘地>中国(白亜紀前期)

恐竜としては初めて、化石にハッキリと羽毛の痕跡が残されていた恐竜です。この恐竜の発見以後、小型肉食恐竜と鳥類の類縁関係は急速に近いものになりました。
羽毛は科学用語で言えば「プロトフェザー」と呼ばれる、どちらかと言えば獣の体毛に近い単純な構造のもので、背中から尾にかけてびっしりと密生した状態で化石に残されています。この羽毛の詳細な研究から、本種の羽毛には赤色や黄色を発色するメラニン色素「フェオメラニン」が含まれていた事が判明し、生前は褐色ないし暖色系の体色をしていた可能性があります。
頭は太く短めで、前足が短く、鋭い爪が備わった3本指を有していました。また肉食恐竜としては、身体の比率で最も尾が長い恐竜でもあります。
ある化石の腹腔内部には、最後の食事と思しきトカゲの化石が残されていました。恐らく、こうした地上生の小動物を捕食する活発なハンターだったのでしょう。


(イラスト&文責 熊猫堂)
プロフィール

熊猫堂(ぱんだどう)

Author:熊猫堂(ぱんだどう)
獣絵描き。パンダとか恐竜とかをもそもそと描いています

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。