スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【古生物画廊】ホマロドテリウム

“水平な(歯を持つ)獣”

Homalodotherium

*データ*
<分類>哺乳綱南蹄目ホマロドテリウム科
<大きさ>体長2m
<食性>植物食
<発掘地>アルゼンチン(中新世前期~中新世後期)

人類が上陸する遥か以前の南アメリカは、北アメリカ大陸とは海で隔てられた巨大な島大陸でした。其処は独自の進化を遂げた、今では子孫が現存しない動物達の天国でした。
ホマロドテリウムもそのひとつです。
以前紹介したカリコテリウムに似ていますが、全く別の系統に属する哺乳類です。生態も恐らく似ていて、前足のカギツメで木の枝を手繰り寄せ、その葉や芽を食べていたと思われます。但し、ホマロドテリウムはカリコテリウムと異なり、ナックルウォークはしていませんでした。

因みにこの動物は、元々はHomalodontotherium(ホマロドントテリウム)と命名されていました。この名前が長過ぎて煩雑だと言う事で現在の形に改められたのは、比較的最近の事です。


(イラスト&文責 熊猫堂)
スポンサーサイト

【古生物画廊】メリコドゥス

“反芻する歯”

Merycodus

*データ*
<分類>哺乳綱偶蹄目プロングホーン科
<大きさ>肩高60cm
<食性>植物食
<発掘地>北アメリカ(鮮新世初期)

絶滅した古代の植物食動物。シカに似ていますが、分類的にはシカとウシの中間的存在(この系統の植物食動物は、北アメリカにプロングホーン一種が現存するのみ。嘗てこのプロングホーンの仲間は、丁度アフリカに措ける様々な種類のカモシカの如く、北アメリカの草原で多様な種類に分化して繁栄していた)に位置づけられており、ウシのように骨の芯で形成されたツノの外側に、シカと同じように毎年生え変わるツノを持っていました。小型のヤギほどの大きさで草原に大きな群れを作って住み、草を食べる動物だったと考えられています。

(イラスト&文責 熊猫堂)

【古生物画廊】ホプロフォネウス

“完全武装の殺戮者”


Hoplophoneus

*データ*
<分類>哺乳綱食肉目ニムラーヴス科
<大きさ>全長1.2~1.9m
<食性>肉食
<発掘地>北アメリカ(中新世前期)

絶滅した古代の肉食動物。ヒョウに似ていますが、ネコ科の動物とは類縁が異なる動物です。口からはみ出る程長い犬歯を持ち(所謂「偽剣歯虎」のひとつ)、動きの遅い植物食動物をその牙で切り付け、失血死させて捕食していました(「偽剣歯虎」に関しては、先に紹介したニムラーヴスの項も参照して下さい)。

(イラスト&文責 熊猫堂)

【古生物画廊】プロティポテリウム

“前時代的形状の獣”

Protypotherium

*データ*
<分類>哺乳綱南蹄目インテラテリウム科
<大きさ>体長40cm
<食性>通常植物食とされるが、小動物や死肉も食べる雑食だったとする説もある
<発掘地>アルゼンチン(中新世前期~鮮新世中期)

絶滅した古代の植物食動物。姿も大きさもウサギに似ていますが、ウサギとは全く無縁の生き物です。南米独自の有蹄類『南蹄目』のひとつで、嘗て島大陸として他の大陸から隔離され、独自の生態系を形成していた南アメリカに措いて、他の大陸ではウサギが占めていた生態的地位に進出した獣だと考えられます。

(イラスト&文責 熊猫堂)

【古生物画廊】マカイロドゥス

“短剣の歯”

Machairodus

*データ*
<分類>哺乳綱食肉目ネコ科
<大きさ>体長2.5m
<食性>肉食
<発掘地>北半球各地、アフリカ(中新世中期~鮮新世前期)

絶滅した古代の肉食動物。所謂「剣歯虎」のひとつで、それらの中でも大きな種類です。屈強な体つきでしたが、その屈強さが却って仇となり、あまり機敏な動きは出来なかっただろうと推測されています(飽くまで比較的な話ですが…)。当時世界各地に続々と登場した大型植物食動物を獲物とする為、捕食する側もどんどん身体を大型化させていったのですが(これを「躯体大化の法則」と言います)、マカイロドゥスはその好例のひとつと言えるでしょう。

(イラスト&文責 熊猫堂)

【古生物画廊】ティタノティロープス

“巨神タイタンの膨らんだ脚”

Titanotylopus

*データ*
<分類>哺乳綱偶蹄目ラクダ科
<大きさ>頭頂高4~4.5m
<食性>植物食
<発掘地>北アメリカ(鮮新世~更新世)

絶滅した古代の植物食動物。現生のラクダの仲間ですが遥かに大きく、首を擡げた折の高さが4メートルにも達する巨大な動物でした。

ラクダは元々北アメリカで進化した動物群で、その後、南アメリカとアジアに進出…北アメリカのラクダは、その後環境の激変と人類の進出により絶滅してしまいますが、新天地に進出したラクダはその地で新たな進化を遂げました(アジア、アフリカ…ヒトコブラクダ、フタコブラクダ等。南アメリカ…グアナコ、ビクーニャ、ラマ、アルパカ)。

北アメリカのラクダには、キリンのような大型植物食動物の生態的地位に納まった種類が幾つかあり、このティタノティロープスはその中でも最大の種類です。今のラクダとは違い、背中にコブはありませんでした。砂漠よりも食資源が豊かな草原に暮らしていたので、コブに栄養を蓄えて絶食に備える必要が無かったからでしょう。


(イラスト&文責 熊猫堂)

【古生物画廊】プルガトリウス

“煉獄の住人”

Purgatorius

*データ*
<分類>哺乳綱霊長目プルガトリウス科
<大きさ>体長10cm(推定)
<食性>恐らく昆虫食
<発掘地>北アメリカ、ヨーロッパ(白亜紀末期~暁新世前期)

現在生きている全ての霊長類(キツネザル、サル、類人猿の仲間)の祖先に当たる動物で、恐竜が絶滅して間もない頃、ひょっとしたら最後の恐竜が地球に生きていた頃に、現在の北アメリカの森林でひっそりと暮らしていました。
見つかった化石は非常に保存状態が悪く、全身の復元が可能な標本が得られていない為、少し後の時代に生きていた近縁種からの推定で復元される事が多いようです。然し、その歯に残された特徴は、プルガトリウスが霊長類の特徴を持つ生き物である事を断定するに足る幾つかの特徴を備えていました。

物騒な学名がついていますが(絵にカーソルを重ねるとサムネイル表示します)、これは発見された場所の名前に因む(モンタナ州のパーガトリー・ヒルズと言うところで最初の化石が見つかりました)命名です。


(イラスト&文責 熊猫堂)

【古生物画廊】ミオトラグス(ドウクツヤギ)

“ネズミヤギ”

Myotragus

*データ*
<分類>哺乳綱偶蹄目ウシ科
<大きさ>肩高50㎝
<食性>植物食
<発掘地>バレアル諸島(更新性~完新世初期)

絶滅した古代の植物食動物。島嶼と言う狭い環境に適応して進化した古代の野生ヤギです。
大きさは秋田犬くらいしか無く、下顎の切歯が鑿(のみ)のように大きく発達していたのが特徴です(“ネズミヤギ”を意味する学名はこの切歯がネズミの門歯を思わせる為)。この鑿のような切歯で木の皮や木の枝を削ぎ切るようにして摂食していたと推測されています。


(イラスト&文責 熊猫堂)

【古生物画廊】ネソドン

“島嶼の歯”

Nesodon

*データ*
<分類>哺乳綱南蹄目トキソドン科
<大きさ>体長1.7m
<食性>植物食
<発掘地>南アメリカ(中新世前期~中新世中期)

絶滅した古代の植物食動物。先に紹介したトキソドンに近縁で、トキソドンの直系の祖形動物と考えられています。
クマほどの大きさの頑丈な身体と、それに相反するような貧弱な四肢、体に比べて大きな頭(体長1.7mに対し頭骨長が45cmくらい)が特徴です。大きな頭には頑丈な顎と、硬い草を咀嚼する為の発達した歯がありました。


(イラスト&文責 熊猫堂)

【古生物画廊】テオソドン

“幸運な歯”

Theosodon

*データ*
<分類>哺乳綱滑距目マクラウケ二ア科
<大きさ>全長2m、体高1m
<食性>植物食
<発掘地>パタゴニア(中新世前期)

絶滅した古代の植物食動物。一見するとラマ(リャマとも。南アメリカ産の瘤の無いラクダ)にそっくりな姿をしていますが、肢には指が3本あり、歯の形が(植物食動物としては)極めて原始的な作りをしています。ラクダとは全く類縁の異なる動物で、後に南米から北米にも分布を広げたマクラウケ二アの祖形動物だと考えられています。歯列から、低木の葉などを食べていたと推測されています。

(イラスト&文責 熊猫堂)

【古生物画廊】ハーストイーグル(ハーパゴルニス)

“掠め取る鳥”

Haast EagleHarpagornis)

*データ*
<分類>鳥綱ワシタカ目ワシタカ科
<大きさ>頭頂高1.1m、翼開長2.5m
<食性>肉食
<発掘地>ニュージーランド(更新世)

絶滅した巨大な猛禽類です。翼を広げた幅は2.5メートル、嘴の先から尾羽の先まで1.2メートル。立ち上がると背の高さが1.1メートルにもなりました。
ニュージーランドはヒトが入植する前、20種類以上ものダチョウに似た飛べない巨大な鳥類(所謂『モア』)が棲息していましたが、これら巨大な鳥の数少ない天敵とされるのがこのハーストイーグルです。背丈が人間の子供ほどもある巨大な猛禽ですが、その祖先は大陸に棲息していた小柄な猛禽類(ヒメクマタカの一種と考えられている)だと言われています。


(イラスト&文責 熊猫堂)

【古生物画廊】ステゴテリウム

“天蓋の獣”

Stegotherium

*データ*
<分類>哺乳綱異節目アルマジロ科
<大きさ>甲長70~90㎝
<食性>昆虫食(餌の殆どがアリやシロアリだったと推定されている)
<発掘地>南アメリカ(中新世前期)

絶滅した古代の昆虫食動物。現在のアルマジロの仲間ですが、大きさはヒツジほどもあり、細長く発達した顎の、その口の中には歯が殆どありませんでした。
この動物は今のオオアリクイやツチブタがそうするように、長い舌でアリやシロアリを舐め捕って食べていたと考えられています。


(イラスト&文責 熊猫堂)

【古生物画廊】メソニクス

“中庸の爪”若しくは“半有蹄類”

Mesonychus

*データ*
<分類>哺乳綱無肉歯目メソニクス科
<大きさ>体長1~1.5m
<食性>肉食
<発掘地>ドイツ、フランス、アジア各地、北アメリカ(始新世前期)

絶滅した古代の肉食動物。原始的な有蹄類から肉食動物として分化した、現在では子孫が生き残っていない系統です。嘗てはイヌ類に酷似した外見から原始的な食肉目に、或いはヒアエノドンの仲間(肉歯類)に分類された事もありました。
四肢の指には現在の肉食動物のような鉤爪の代わりに原始的な蹄がついていました。恐らく四肢は走る為だけに用いられ、獲物は専ら顎と牙の力のみで屠っていたのでしょう。

頭骨と歯の特徴が原始的なクジラに似ている事から、嘗てはクジラの祖形動物だと考えられた事もありました。
然し、その後の詳細な研究で手首の骨の構造に明確な差異が認められた事から、現在では『メソニクス類からクジラが進化した』のではなく『メソニクス類とクジラは同じ祖形的有蹄類から別々に進化した』のだと言う考えが一般的です。


(イラスト&文責 熊猫堂)

【古生物画廊】トアテリウム

“俊敏な獣”

Thoatherium

*データ*
<分類>哺乳綱滑距目プロテロテリウム科
<大きさ>体長70㎝、肩高40cm
<食性>植物食
<発掘地>南アメリカ(漸新世後期~中新世前期)

絶滅した古代の植物食動物。見かけは中型犬ほどの大きさのウマに似ています(四肢の支持指が中指一本にまで退化しているところまでウマによく似ており、“偽ウマ”の渾名がつけられている)が、全く類縁が異なる仲間です。棲息環境がよく似ている為に、類縁の遠い生き物が隔てられた環境で同様の進化を遂げる「収斂進化」の好例のひとつです。
草原に群れで住み、低木の葉を主に食べていたと推測されます。


(イラスト&文責 熊猫堂)

【古生物画廊】アロデスムス

“奇妙な類縁”

Allodesmus

*データ*
<分類>哺乳綱食肉目デスマトフォカ科
<大きさ>全長2~3m
<食性>魚食
<発掘地>北アメリカ、日本(中新世中期)

絶滅した古代のアザラシ類で、化石動物としては珍しく雌雄の別が判明している数少ない古代哺乳類です(シカのように性的二型の極端な例を除き、殆どの哺乳類は骨だけで動物の雌雄を判別するのが非常に難しいのです)。オスは図のように鼻面が大きく盛り上がるのが特徴です。対してメスは普通のアザラシと同じような顔つきでした。体もオスの方が大きかったようです。
北半球の沿岸に広く分布し、日本でも良好な化石が発掘されています。


(イラスト&文責 熊猫堂)

【古生物画廊】ベアドッグ(アンフィキオン)

“どっちつかずのイヌ”

Bear DogAmphicyon

*データ*
<分類>哺乳綱食肉目アンフィキオン科
<大きさ>体長2m前後
<食性>雑食だが、かなり肉食の頻度が高かったと思われる
<発掘地>北アメリカ、中国(漸新世後期~中新世前期)

絶滅した古代の肉食動物。歯並びはイヌに、体つきはクマにやや似ている為、英語圏では「Bear Dog」(クマイヌ)の俗称で呼ばれています。分類学的には現代のイヌ類とやや近縁であるものの、現代に子孫を残していない系統だと考えられています。

(イラスト&文責 熊猫堂)

【古生物画廊】パレオテリウム

“古い獣”

Palaeotherium

*データ*
<分類>哺乳綱奇蹄目パレオテリウム科
<大きさ>肩高70~80㎝
<食性>植物食
<発掘地>ドイツ、フランス(始新世中期~漸新世中期)

絶滅した古代の植物食動物。ウマに近い仲間…より正確には、最も原始的なウマの先祖から、ウマとは別の進化の道を歩んだ動物です。大き目のイヌ位の身体で、頭の形はややウマに似ていましたが、前脚に4つ、後脚に3つの指を持ち、ぬかるみの多い森林での生活に適応していたと考えられています。木の葉を食べる動物でした。

(イラスト&文責 熊猫堂)

*************************

絵描き曰く『この動物は、アルコール摂取が原因で死んだ最古の動物かも知れない』との事です。何でも保存状態が極めて良いパレオテリウムの化石の消化器官に当る部分に醗酵したブドウの残骸が(咀嚼された状態で)化石として残されており、化石の状況からして「醗酵したブドウを食べ過ぎ、酩酊した状態で事故に巻き込まれた可能性が高い」のだとか…。(夢飼 龍)

【古生物画廊】ペゾシレン

“歩く人魚”

Pezosiren

*データ*
<分類>哺乳綱海牛目プロラストムス科
<大きさ>全長1.8m
<食性>植物食
<発掘地>ジャマイカ(始新世前期)

絶滅した古代の海の哺乳類。海牛類(ジュゴンとマナティー)の先祖にあたる動物で、陸上動物の名残であるしっかりとした四肢を持っていました。浅い海域に棲み、海草を主食にしていたと思われます。

(イラスト&文責 熊猫堂)

【古生物画廊】アクロフォカ

“高いアザラシ”

Acrophoca

*データ*
<分類>哺乳綱食肉目アザラシ科
<大きさ>全長2m
<食性>魚食
<発掘地>ペルー(鮮新世)

絶滅した古代の海の哺乳類。アザラシの仲間です。体型は今のアザラシと殆ど変わらない姿になっていましたが、頭骨が細長く、吻部が尖るのが特徴です。

(イラスト&文責 熊猫堂)

【古生物画廊】ネクロレステス

“墓場の略奪者”

Necrolestes

*データ*
<分類>哺乳綱有袋目ネクロレステス科
<大きさ>推定全長10cm前後
<食性>恐らく肉食
<発掘地>南アメリカ(中新世前期)

絶滅した古代の小型哺乳類。見つかったのは先細りの吻部と、小動物や昆虫を捕食するのに適応した鋭く細かい歯と言う特徴がある頭の骨だけですが、化石を元に復元されたその形状はモグラの頭骨に似ている一方で、ありとあらゆる点でそれが有袋類に属する動物である事を物語るモノでした。
この事から、一般にはモグラの居ない南アメリカに措いて、その生態的地位を占めるべく進化した特殊な有袋類だと考えられています(体の骨は見つかっていないので、この全身復元図は推定です。因みに体のサイズはこの絵とほぼ同じ位です)。「墓場荒らし」を意味する物騒な学名も、モグラのように地中で生活するものとの推測から命名されました。


(イラスト&文責 熊猫堂)

【古生物画廊】クリアクス

“何かに所属するもの”

Chriacus

*データ*
<分類>哺乳綱前肉歯目オキシクラエヌス科
<大きさ>全長1m(うち体長50㎝)
<食性>植物食の強い雑食
<発掘地>北アメリカ(暁新世前期~始新世前期)

絶滅した古代の雑食動物。頭はアライグマ、体つきはキツネザルにやや似ていますが、どちらとも直接の類縁は無く、今は子孫が生き残っていない系統の動物です。後脚の構造から木登りが得意であったと考えられ、恐らく今のサル類のように、樹上で雑多な食べ物…昆虫、小動物、果実、若芽等…を食べていたものと思われます。原産地は北アメリカで、恐竜が絶滅して間も無く地上に現れた哺乳動物のひとつです。

(イラスト&文責 熊猫堂)

【古生物画廊】フェナコドゥス

“いかさま師の歯”

(Phenacodus)

*データ*
<分類>哺乳綱髁節目メニスコテリウム科
<大きさ>体長1.7m
<食性>植物食と思われるが、副次的に昆虫や死肉を食べた可能性もある
<発掘地>北アメリカ、ヨーロッパ(暁新世後期~始新世中期)

絶滅した古代の植物食動物。知られている限り、最も原始的な有蹄類のひとつ「顆節類」(かせつるい)に属し、犬歯が残存する(現存する有蹄類は殆どの種類で犬歯が消失している)歯列や長い尾、短めの四肢と相反して長めでしなやかな胴体など、外見は寧ろ鈍重な肉食動物と言った雰囲気でした。実際、動きはそれほど機敏では無かっただろうと推測されています。
現存する全ての偶蹄類、奇蹄類の先祖にごく近い仲間の動物だと考えられます。
木の葉を食べる動物でした。


(イラスト&文責 熊猫堂)

【古生物画廊】メタケイロミス

“中庸の腕を持つネズミ”

Metacheiromys

*データ*
<分類>哺乳綱異節目パラエアノドン科
<大きさ>全長30cm
<食性>恐らく昆虫食
<発掘地>北アメリカ(暁新世)
※近年はこの動物を異節類(アリクイやアルマジロの仲間)ではなく、センザンコウの最古の仲間だとする説もある

アリクイ、樹上性ナマケモノ、オオナマケモノ、グリプトドン、アルマジロ等、全ての貧歯類(ひんしるい)の先祖に当るとされる、古代の哺乳類です。マングースを思わせる短い脚と長い胴に、アルマジロのそれのような頭を持っていました。鋭い犬歯を持ってましたが、既に臼歯は縮小傾向にありました。後のアルマジロ、グリプトドンの壮麗な鎧や、オオナマケモノの頑丈な鎖帷子のような皮膚の原型に当る皮骨板(内骨格とは異なる、皮膚に点在する骨質の装甲の事)を持っていた可能性があります。

(イラスト&文責 熊猫堂)

【古生物画廊】スクアロドン

“鋸の歯”

Squalodon

*データ*
<分類>哺乳綱鯨目スクアロドン科
<大きさ>全長2.5~3m
<食性>魚食
<発掘地>北アメリカ、ニュージーランド(漸新世後期~鮮新世)

現代型のクジラ類としては最も古い種のひとつです。現存する全ての歯クジラ(イルカ、ネズミイルカ、シャチ、マッコウクジラ等)は、全てこの古代クジラから進化しました。体型はイルカに似ていましたが、顎が長く、歯は祖先のそれに酷似していました。

(イラスト&文責 熊猫堂)

【古生物画廊】ディアコデキシス

“噛み付く従者”

Diacodexis

*データ*
<分類>哺乳綱偶蹄目ディコブネ科
<大きさ>体長50㎝
<食性>植物食
<発掘地>フランス、パキスタン、中国、北アメリカ(始新世前期)

絶滅した古代の植物食動物。反芻しない偶蹄類(ブタ、カバ、ラクダ)の中では最も古い種類です。柴犬より少し小さい位の大きさで、5本の指がある脚と長い尾を除けば小柄なシカのような姿をしていました。木の葉を食べる動物だったと考えられています。

(イラスト&文責 熊猫堂)

【古生物画廊】プリオヒップス

“鮮新世(地質時代の名)のウマ”

Pliohippus

*データ*
<分類>哺乳綱奇蹄目ウマ科
<大きさ>肩高1.2~1.5m
<食性>植物食
<発掘地>北アメリカ(鮮新世前期~鮮新世後期)

絶滅した古代のウマ。ウマの進化の歴史上、最も始めに一本指(現存するウマは全て、四肢ともに人間で言うところの中指だけで立っている)を獲得した種類で、現在のウマの直接の先祖、若しくはそれに最も近い存在だと考えられています。イネ科の禾本性植物を咀嚼する為の、極めて発達した歯を持ちます。

(イラスト&文責 熊猫堂)

【古生物画廊】アエギプトピテクス

“エジプトの類人猿”

Aegyptopithecus

*データ*
<分類>哺乳綱霊長目プリオピテクス科
<大きさ>体長50㎝
<食性>雑食
<発掘地>エジプト(漸新世中期~漸新世後期)

絶滅した古代の霊長類。類人猿(ヒト、ゴリラ、オランウータン、チンパンジー、テナガザル)とオナガザル類(ニホンザル、ヒヒ、コロブス、マンドリル他)の中間的な位置にある動物だと考えられています。
彼等が棲息していた時代は、地球上のあちこちで森林の規模が縮小し、拓けた草原やサヴァンナが広がった過渡期の時代です。アエギプトピテクスは森林とサヴァンナの両方の環境を巧く利用し、サヴァンナでは小動物や地上の植物を漁り、森では樹に実った果実を食べたり、隠れ家を樹の上に求めたりして生きていました。


(イラスト&文責 熊猫堂)

【古生物画廊】ディクロケロス

“ふたつの幹を持つツノ”

Dicroceros

*データ*
<分類>哺乳綱偶蹄目シカ科
<大きさ>全長1.2m、肩高75cm
<食性>植物食
<発掘地>ヨーロッパ、アジア(漸新世後期~鮮新世前期)

絶滅した古代の植物食動物。最もはじめに頭に枝ツノを進化させた、原始的なシカの仲間です。
シカのツノは毎年春に伸び始めて秋に完成し、冬の終わりに抜け落ちると言う「再生と脱落」を繰り返すのが特色ですが、ディクロケロスのツノはそれと異なり、抜け落ちてまた再生すると言う機能は無かったようです。木の葉を食べる動物でした。


(イラスト&文責 熊猫堂)

【古生物画廊】ポタモテリウム

“川の獣”

Potamotherium

*データ*
<分類>哺乳綱食肉目イタチ科
<大きさ>体長80㎝
<食性>肉食(魚介類が中心)
<発掘地>ヨーロッパ(漸新世中期~中新世前期)

絶滅した古代の肉食動物。現存するカワウソの化石種です。四肢や耳骨の構造はこの動物が現存するカワウソよりも遥かに水中生活に適応していた事を伺わせ、頭骨の形状はこの動物がアザラシ類の祖形動物である可能性を示唆しています。現生のカワウソと同じく、主に魚を食べていました。

(イラスト&文責 熊猫堂)

熊猫堂オリジナルデザイン販売開始。

夢飼 龍です。

えー、「Project λ」のイラスト担当・熊猫堂が、『UPSOLD』と言う完全受注生産のグッズ製造・販売のサイトにデザイナー登録、オリジナルデザインのグッズ販売を開始しました。デザイナー名は熊猫堂のMIXIなどにおけるもうひとつのHN「蝦夷熊猫」名義です。

熊猫堂のグッズ(蝦夷熊猫)販売ページはこちら

興味を持たれた方、一度御覧下さいませ。デザインのリクエストも受け付けているそうです。お気に召しましたら、熊猫堂を助けると思って何か買ってあげてやって下さい。
プロフィール

熊猫堂(ぱんだどう)

Author:熊猫堂(ぱんだどう)
獣絵描き。パンダとか恐竜とかをもそもそと描いています

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。