スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりとめの無いワニの話

最近、動物画の資料の一環としてYouTubeの動物関連の動画を幾つか視聴しているのだが、その中で所謂「キワモノ」としてワニの捕食に関する動画が複数上がっているのを見かける。

ワニは御存知獰猛な肉食動物である。
肉であれば生き死にに拘りは無く、また種類を問わず何でも平らげる。
映像にはシマウマやガゼル等の大型植物食動物を捕食するモノから、ドブネズミや魚等の小形動物を食べる映像、変わったところではカメを食べる映像(あの堅牢な甲羅さえも煎餅の如くバリバリと平らげる!)や、ロードキル(交通事故で死んだ動物の死体)の処理にワニの食欲を利用しているモノまであった。

ワニは昔からその頑丈な皮革に利用価値が高く、海外では古くから養殖が盛んである。しかも肉は食用になる。
その上、人間が出すゴミの内動物性蛋白質系の生ゴミは殆どが餌として利用可能な為、東南アジアではワニ養殖場そのものが「生ゴミ処分場」としての側面も持っている。
ワニが生ゴミを食べても食中毒にならないのは、ワニの消化液が極めて強い事と、ワニの細胞に想像を絶する殺菌作用がある為である。何でもワニの細胞に含まれる殺菌成分は、抗生物質による消毒が効かなくなった毒性の強いサルモネラやビブリオは言うに及ばず、難病中の難病であるエイズの病原菌でさえ苦も無く分解してしまう程の強力さだとか。

この為、最近では皮革や肉だけではなく、エイズなど難病治療の研究にもワニが利用される可能性も示唆されている。


何でもビジネスになってしまう最近の日本の事だ。
近い将来、日本でも温暖な地域や温泉の豊富な地域でワニ養殖が事業として成立してしまうかも知れない(嘗ては日本各地にあるワニ園がその役割を果たしていたようだが、現在これらの施設は寧ろワニ保護活動へとシフトしつつある)。

若しそうなったら、日本には生ゴミの他にもワニの餌に使えそうな資源がある。 それは一部の外来生物だ。

ブラックバスやブルーギルなどの魚類。

カミツキガメやミドリガメ等のカメ類。

ミンクやヌートリア、アライグマなどの哺乳類。

ウシガエルやアメリカザリガニもこれらのリストに加えて良いだろう。

ミンクやヌートリアのような毛皮獣、アライグマやカミツキガメのようにペットとして持ち込まれた動物を除き、大半の外来生物は元々、食用として日本に持ち込まれたモノが多い。その一方で、これらの外来生物は原産国でワニの食卓における多彩なメニューの一角を為している。

ブラックバスやブルーギルについては、動物園で魚食性の鳥の餌として利用が試みられたが巧くいかなかったと言う経緯がある。特にブルーギルは骨が多く、鳥に与えても小骨を嫌がってあまり食べなかったらしい。
だがワニならば、強力な顎と強力な消化液の力で小骨程度なら苦もなく消化してしまう筈だ。

現在これらの外来生物は駆除として捕獲されても殆ど利用価値が無いまま殺処分されていたが、若しも日本でワニ養殖が本格化したら、外来生物の利用法として極めて有効な手段の一つとなるかも知れない。
スポンサーサイト

【古生物画廊】アイヴクス

イヌイットの言葉で“セイウチ”を意味する語より転化

Aivukus

*データ*
<分類>哺乳綱食肉目セイウチ科
<大きさ>全長2m
<食性>魚食・貝食
<発掘地>北アメリカ(中新世後期)

最古のセイウチの仲間です。セイウチはアシカやアザラシと共通の祖先を持ち、凡そ700~800万年前に分化して独自の進化を遂げたと考えられています。現生のセイウチは北極圏に棲む動物ですが、この旧いタイプのセイウチはカリフォルニア半島周辺から化石が発掘されており、現在よりも暖かい地域の海に棲息していたようです。体型は既に現生のセイウチに近い重々しい体型でしたが、牙はささやかなモノでした。また現生のセイウチには門歯がありませんが、このアイヴクスには立派な門歯がありました。

(イラスト&文責 熊猫堂)

【古生物画廊】ヤベオオツノジカ

“矢部氏所縁の中国産の巨大なツノ”

Sinomegaceroides yabei

*データ*
<分類>哺乳綱偶蹄目シカ科
<大きさ>全長3m、肩高1.8m
<食性>植物食
<発掘地>日本(更新世後期)

嘗て北半球で広く栄えたオオツノジカの一種です。身体は大陸産のオオツノジカに匹敵する大きさでしたが、ツノは大陸産のものよりやや小さく、最大で角幅2mくらいでした。
ナウマンゾウと同じ地層からしばしば発掘され、分布域が重なっていたのだろうと推測されます。


(イラスト&文責 熊猫堂)

【古生物画廊】ナウマンゾウ

“ナウマン氏の古代の横擦れする歯”

Palaeoloxodon naumanni

*データ*
<分類>哺乳綱長鼻目ゾウ科
<大きさ>肩高2.5~3m
<食性>植物食
<発掘地>東アジア(更新世後期)

嘗て東アジアの各地(中国、朝鮮半島、日本)に棲息していた古代のゾウです。現存するインドゾウに近縁だとされていますが、インドゾウとは異なり、非常に巨大な牙を持っていました(オスの方が大きい牙を持っていた事が最近の研究で判明しています)。名前は本種の記載・研究に多大な功績を為したドイツ人の地質学者ハインリッヒ・エドムント・ナウマンに由来します。
日本各地では、古くから保存状態が良好な化石が多く見つかっています。正倉院にはこのゾウの化石の一部が「龍の骨」として保存されているそうです。


(イラスト&文責 熊猫堂)

【古生物画廊】ディッソプサリス

“丸い鋏”

(Dissopsalis)

*データ*
<分類>哺乳綱肉歯目ヒアエノドン科
<大きさ>全長1.5m
<食性>肉食
<発掘地>アフリカ、インド(中新世~鮮新世)

絶滅した古代の肉食動物。現代では子孫が存在しない「肉歯類」(クレオドン)の最後の生き残りです。肉歯類は始新世の始め頃に進化し、現在では食肉目の動物が占めている様々な生態的地位に進出していましたが、後に食肉目の動物との競合に敗れ絶滅してしまったグループです。ディッソプサリスは肉歯類としては酷く原始的な身体構造を持つ動物で、寧ろその身体は始新世初期の祖形肉歯類と殆ど変わらない位の進化に留まっていました(こうした大雑把な進化の為に、逆に食肉目の動物からの圧迫を耐え忍ぶ事が出来たのだと言う説もあります)。アフリカでは中新世末期に絶滅しましたが、食肉目の動物の進出が遅れたインドでは鮮新世前期まで生き残っていました。

(イラスト&文責 熊猫堂)

【古生物画廊】リティオードゥス

“皺だらけの歯”

Rytiodus

*データ*
<分類>哺乳綱海牛目ジュゴン科
<大きさ>全長6m
<食性>植物食
<発掘地>フランス(中新世)

絶滅した古代のカイギュウの仲間。現存するジュゴンDugongの仲間ですが、ジュゴンの2倍近い大きさがあり、下向きに曲がった、潰れたような鼻面と、口元からはみ出る位長い犬歯が特徴です。恐らくこの牙で海草を根こそぎ引き抜いて食べていたのだろうと思われます。肋骨などの骨が太く、緻密な構造になっており、その重みで長期の水中生活でも体を安定して水の中に留める事が出来ました。

(イラスト&文責 熊猫堂)

【古生物画廊】ヒオプソドゥス

“ブタに似た顔”

(Hyopsodus)

*データ*
<分類>哺乳綱髁節目ヒオプソドゥス科
<大きさ>体長30cm
<食性>雑食
<発掘地>北アメリカ(暁新世後期~始新世中期)

絶滅した古代の雑食動物。現存する全ての蹄を持つ動物(有蹄類)の先祖に近い生き物ですが、見かけは有蹄類と言うよりイタチのようであり、木登りが得意だったと考えられています。恐らく天敵や競合する動物を避け、樹上でひっそりと暮らしていたのでしょう。
アメリカでは“チューブ・シープ”と言うニックネームで呼ばれる事もあります。


(イラスト&文責 熊猫堂)

あけましておめでとうございます

今年も更新頻度の低下が予想されますが
更新が無さ過ぎてブログが自然消滅、何て事のないように
肩の力を抜きつつ頑張りたいと思います。

                      熊猫堂
プロフィール

熊猫堂(ぱんだどう)

Author:熊猫堂(ぱんだどう)
獣絵描き。パンダとか恐竜とかをもそもそと描いています

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。