スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【古生物画廊・恐竜編】スピノサウルス

“棘の爬虫類”

Spinosaurus

*データ*
<分類>爬虫綱竜盤目(獣脚亜目)スピノサウルス科
<大きさ>全長15~17m
<食性>肉食。特に魚を好んで襲っていた可能性がある
<発掘地>エジプト、モロッコ(白亜紀前期)

目下、肉食恐竜としては最も大型の種と考えられている恐竜です。最大の特徴は脊椎の棘突起が伸びて帆を形作っている事、ワニに似た長い吻を持つ事、親指に巨大な爪を持つ事が挙げられます。これらの特徴に加え、幾つかの発掘例でスピノサウルスの牙が刺さったノコギリエイや肺魚の化石が見つかった事から、「魚食性」と言う、それまで恐竜の研究に際してはあまり顧みられなかった習性に特化した肉食恐竜だと考えられるようになりました。現存のサギがそうするように水中の獲物に対し長い顎を素早く突き出して捕らえたものと思われます。前脚の爪は獲物を効率よく殺す為の武器や、身を守る護身用の武器として機能した事でしょう。
他の肉食恐竜に比べ、胴体がやや長めで後脚は短めでした。この体型はスピノサウルスが他の肉食恐竜に比べて呼吸器系の効率が低かった事を物語るとされ、短めの足とも相まって、機動力は他の肉食恐竜よりは低かったかも知れません。
背中の帆はディスプレイ装置や放熱装置の役割を果たすと共に、スピノサウルスが獲物を捕らえる為に水中に首を突っ込む際、前のめりになるのを防ぐ筋肉を支えていた可能性もあります。


(イラスト・文責*熊猫堂)
スポンサーサイト

【古生物画廊】カストロカウダ

“ビーバーの尾”

Castrocauda

*データ*
<分類>単弓綱(哺乳形類)梁歯目
<大きさ>全長45cm
<食性>肉食(特に魚を主食にしていた可能性が高い)
<発掘地>中国(ジュラ紀中期)

絶滅した古代の肉食動物。現存の哺乳類とは別の系統に属する「哺乳形類」、即ち広義的な意味での古代哺乳類の系統に属します。骨格は穴掘りに適応した形態である一方、ビーバーのそれを連想させる扁平で鱗に覆われた尾を持っていました(「ビーバーの尾」を意味する属名はこの尾に由来します)。こうした形態は、彼等がビーバーと同様に水中生活をしていた事を示していると思われ、水生に適応した(広義の哺乳類では)既知で最古のものと考えられます。歯の形態から、主に魚食性だったと推測されています。

(イラスト&文責 熊猫堂)

【古生物画廊・恐竜編】ズンガリプテルス

“ジュンガル盆地の翼”

※厳密には恐竜とは異なる爬虫類ですが、便宜上「恐竜」のカテゴリでお届けします

Dsungaripterus

*データ*
<分類>爬虫綱翼竜目ズンガリプテルス科
<大きさ>翼開長3~3.5m
<食性>肉食。甲殻類や貝類を主に捕食していた可能性がある
<発掘地>中国新疆ウイグル自治区、タンザニア(ジュラ紀後期~白亜紀前期)

中国で初めて発掘された翼竜です。頭骨は幅が狭く丈が高く、低いトサカがあります。また、嘴の先端部分が上方にカーブし、本来歯が生えている部分には鈍い円錐状の突起が並んでいるのも特徴です。この突起は獲物の固い殻を砕く為の適応と推測されており、上向きに反った嘴で岩礁の隙間を探り、貝類や甲殻類を捕らえて噛み砕いて食べたと考えられています。
翼竜は身体の骨の大半が軽量化された作りになっていましたが、ズンガリプテルスの場合、脛の骨などは比較的頑丈で重い作りになっていました。


(イラスト・文責*熊猫堂)

【古生物画廊】アンペロメリクス

“ブドウ畑の反芻動物”


Ampelomeryxs

*データ*
<分類>哺乳綱偶蹄目パレオメリクス科
<大きさ>シカ大
<食性>植物食
<発掘地>フランス(中新世)

絶滅した古代の植物食動物。キリンとシカの中間的な系統に属する「パレオメリクス類」に属します。最大の特徴は頭部のツノで、小さな二本のツノに支えられるような形で、大きな板状の突起が後頭部に伸び、その先端にも小さなツノが生えています。
世界的にはあまりメジャーな古生物ではありませんが、地元フランスでは有名な存在らしく、この動物の意匠をデザインしたワインが販売されています。


(イラスト&文責 熊猫堂)
プロフィール

熊猫堂(ぱんだどう)

Author:熊猫堂(ぱんだどう)
獣絵描き。パンダとか恐竜とかをもそもそと描いています

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。