スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【古生物画廊】レプトリクテロプス

“華奢な穴掘り用の足”

Leptorycteropus

*データ*
<分類>哺乳綱管歯目ツチブタ科
<大きさ>全長50cm
<食性>昆虫食
<発掘地>ケニア(中新世)

絶滅した古代のツチブタです。ツチブタは、いまやアフリカに1種が生き残るだけとなってしまいましたが、乏しい化石の研究の結果、嘗ては数種類のツチブタがアフリカ各地に棲息していたらしい事が判明しています。レプトリクテロプスはその中でも比較的最近発掘された種で、現生種に比べると吻部が短く四肢はすらりとしていて、より軽快な体のつくりをしていたようです。背中は現生種のツチブタ同様アーチ形を呈しますが、四肢の筋肉はそれほど発達していませんでした。

(イラスト&文責 熊猫堂)
スポンサーサイト

【古生物画廊】テロピテクス

“大地のサル”

Theropithecus

*データ*
<分類>哺乳綱霊長目オナガザル科
<大きさ>全長1.2m
<食性>雑食
<発掘地>タンザニア(鮮新世中期)

ヒヒの祖先と思われる地上生の霊長類です。現存するヒヒよりも幾分大型で、またオスの方がメスより体が大きく、発達した牙を持つと言う所謂「性的二型」の動物でした。また現存のヒヒよりも吻が相対的に短く、頭蓋骨の頂上部に沿って強力な顎の筋肉を支える骨の稜が存在していました。恐らくこの筋力によって支えられた強い顎で、他の動物には食べられない堅い植物も食資源として有効に活用したのでしょう。暮らし振りは現存のヒヒと大差無く、地上生で家族単位の群れで行動していたと思われます。

(イラスト&文責 熊猫堂)

【絶滅動物画廊】メガネウ

最大の鵜

Spectacled CormorantPhalacrocorax perspicillatus

*データ*
<分類>鳥綱カツオドリ目ウ科
<大きさ>全長1m弱、体重6kg前後
<食性>魚食
<棲息地>ロシア(ベーリング島、1852年絶滅)。

1741年にダイカイギュウの発見・記載で有名な医師で探検家のゲオルグ・シュテラーによって発見された海鳥です。ベーリングシマウと呼ばれる事もあります。
目の周辺に羽毛のない白い皮膚の部分がある事から「眼鏡鵜」の名がつきました。羽毛は暗緑色で、首と肩は青みがかっていました。堂々とした佇まいの大型の鳥で、然し飛ぶのはあまり上手ではなく、動作もぎこちなく鈍いものでした。
動きが鈍かった為に容易に捕獲出来た事から(一羽につき三人分の夕食の材料になったと言います)、探検家や海獣猟のハンターによって食用として乱獲され、絶滅してしまいました。


(イラスト&文責 熊猫堂)

【古生物画廊】ステノミルス

“細い臼歯”

Stenomylus

*データ*
<分類>哺乳綱偶蹄目ラクダ科
<大きさ>全長1.3m
<食性>植物食
<発掘地>北アメリカ(中新世前期)

絶滅したラクダの系統の内、シカやガゼルのような「疾走する小~中型植物食動物」の生態的地位にあった動物です。四肢はすらりとして華奢で、走るのに都合良く出来ていました。また、下顎の犬歯と一番前の臼歯は切歯状に変化しており(「細い臼歯」を意味する学名は恐らくこの切歯状の臼歯に由来すると思われる)、下顎に合計10本の切歯を供え持っていました。これは他のラクダ類は勿論、ラクダ以外のどの植物食動物にも見られないユニークな特徴です。


(イラスト&文責 熊猫堂)

【古生物画廊】アセラテリウム

“ツノのない獣”

Aceratherium

*データ*
<分類>哺乳綱奇蹄目サイ科
<大きさ>全長2~3m
<食性>植物食
<発掘地>ヨーロッパ、北アジア~中央アジア、北アメリカ(中新世~鮮新世)

ツノを持たないサイの仲間です。ツノを持たない代わりに下顎が非常にしゃくれており、長い牙が1対飛び出していました。この牙は主に摂食の補助に使われたようですが、時にはイノシシの牙のように武器としても役立ったかも知れません。
アセラテリウムのような牙を持つサイは北半球の広範囲にわたって広く分布し、一時期非常に繁栄していました。これらのサイ類を、しゃくれた下顎に因んで「大唇犀」(だいしんさい)と呼ぶ事があります。


(イラスト&文責 熊猫堂)
プロフィール

熊猫堂(ぱんだどう)

Author:熊猫堂(ぱんだどう)
獣絵描き。パンダとか恐竜とかをもそもそと描いています

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。