スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【古生物画廊】カパルマラニア

“チャパルマラン(ブエノス・アイレスの旧名)所縁のもの”

Chapalmalania

*データ*
<分類>哺乳綱食肉目アライグマ科
<大きさ>体長1.5~1.8m
<食性>植物食の強い雑食
<発掘地>南アメリカ(鮮新世後期)

絶滅した古代の雑食動物。熊並みに大型化したアライグマの仲間です。完全な頭骨を含む化石の発掘例がありますが、その頭骨が現存するパンダ(ジャイアントパンダ)の頭骨に非常に良く似ていた為、発掘当初は熊の珍種だと思われていました。近年の研究により、南アメリカに広く棲息するハナグマ(コアティ)と言うアライグマ類から進化した動物だと推測されています。
大きな身体、パンダとの相似は(パンダが竹を専門に食べるように)食性が限られた植物に特化している可能性を示す、との見解もあります。収斂進化の一例です。


(イラスト&文責 熊猫堂)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

熊猫堂(ぱんだどう)

Author:熊猫堂(ぱんだどう)
獣絵描き。パンダとか恐竜とかをもそもそと描いています

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。