FC2ブログ

【古生物画廊】パレオマストドン

“古いマストドン(乳房状の歯)”

Palaeomastodon

*データ*
<分類>哺乳綱長鼻目ゴムフォテリウム科
<大きさ>全長1.9m、体高1m
<食性>植物食
<発掘地>エジプト(漸新世前期)

絶滅した古代の植物食動物。最初期のゾウの一種で、現存するゾウの系統に至る種としてはかなり古いものです。大きさは現存するゾウに比べたら子供みたいなものですが、柱状の太い四肢、短い乍ら牙と伸縮性のある鼻を持っていました。陸上の植物を咀嚼するのに適した畝のある臼歯を持ち、それまで祖形ゾウ類が水草などの柔らかい植物に依存していたのに対し、より広範囲の植物を食べ物として利用出来た事から沼地→草原へと生存を拡大し、結果的にゾウ類のその後の繁栄に大きな役割を果たしました。

(イラスト&文責 熊猫堂)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

龍熊子 貊(りゅうゆうし・ばく)

Author:龍熊子 貊(りゅうゆうし・ばく)
獣絵描き。パンダとか恐竜とかをもそもそと描いています

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード