スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【古生物画廊】イマゴタリア

“小さな耳の形象”

Imagotaria

*データ*
<分類>哺乳綱食肉目アシカ科若しくはセイウチ科
<大きさ>全長1.8m
<食性>肉食
<発掘地>北アメリカ(中新世後期)

絶滅した古代の海棲哺乳類。セイウチとアシカの中間的な動物だと考えられています。外見はアシカに似ていましたが、若干胴体が長いのが特徴的です。犬歯が牙状に発達しており、後のセイウチ類への進化を彷彿とさせますが、現存するセイウチと比べるとその牙はささやかなモノでした。加えて現生のセイウチでは貝類を食べる為に奥歯が臼歯状になるのに対し、イマゴタリアではまだ鋭敏な形状を保ったままだった事から、貝類と魚類の両方を獲物にしていたのではないかと推測されています。

(イラスト&文責 熊猫堂)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

絶滅した哺乳類についていろいろ調べていたらこのブログにたどり着きました。
恐竜と比べ、絶滅哺乳類の名前の意味を知ることが出来るサイトや本は多く無いので素晴らしいサイトさんだなと思いました(笑)


また書き込みしに来ますね!

Re: 【古生物画廊】イマゴタリア

>あるまさん
コメント&お褒めのお言葉有難う御座います。
全く仰る通りで、古生物でも古代哺乳類の学名について解説している文献って物凄く少ないのですよ。
いつも英語版のウィキペディアや手持ちの海外の古生物図鑑と睨めっこの日々です(微苦笑)

またのお越し、心よりお待ちしております!
プロフィール

熊猫堂(ぱんだどう)

Author:熊猫堂(ぱんだどう)
獣絵描き。パンダとか恐竜とかをもそもそと描いています

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。