FC2ブログ

【古生物画廊・恐竜編】カムプトサウルス

“柔軟な爬虫類”

Camptosaurus

*データ*
<分類>爬虫綱鳥盤目(鳥脚亜目)カムプトサウルス科
<大きさ>全長3~7m
<食性>植物食
<発掘地>アメリカ、イギリス、ポルトガル(ジュラ紀中期~後期)

鳥盤目に属する植物食恐竜としては最初に大型化した恐竜です。白亜紀前期に反映したイグアノドン類に近い仲間で、体型も良く似て居ます。但し後脚に機能指が4本存在する事、前脚の親指に存在するスパイク状の骨が小さい事は、後のイグアノドン類に比べると原始的です。前脚は小さいながらもがっしりとした構造になっており、二足歩行・四足歩行の両方が出来た事を伺わせます。

(イラスト&文責 熊猫堂)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

龍熊子 貊(りゅうゆうし・ばく)

Author:龍熊子 貊(りゅうゆうし・ばく)
獣絵描き。パンダとか恐竜とかをもそもそと描いています

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード