スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前途多難

佐渡のトキ保護センターで野生復帰訓練中だったトキ11羽がほぼ全滅に近い状態らしい(8羽死亡、2羽瀕死、残る1羽も軽傷)。

犯人はイタチなどの野生動物(後の調査でテンと判明)ではないかと言う話だったが、このニュースが発表されるや否や、「トキ保護なんか辞めちまえ」と短絡的に言う心無い人を大勢見かけた。

曰く
「野生動物に襲われる事は昔からあった筈で、それから身を守れないようなら、この先何度挑戦しても同じ轍を踏むだけ」
「時間とカネの無駄」
「元々種としての力が弱い生き物なのだろう。このまま絶滅させてやった方が親切なのではないか」


…この意見には正直な話全く賛同出来ない。 何故ならトキが減った要因は種の弱体化なんて理由じゃなく、明らかに人災だからだ。
明治時代に猟銃所持の規制が緩和され、トリガーハッピーになった一般人が食べもしないのに盲滅法撃ち殺したのが原因なのである。近年に至り、更に農薬による環境汚染が追い打ちをかけた。

序でに言うと、イタチやテンはトキであれ他の鳥であれ、野外で飛んでる鳥を皆殺しにはしない。
ただ、ケージに多数が囲われた鳥に対しては狩猟本能の抑制が効かなくなり、結果として皆殺しのスイッチが入る事はしばしばある。鶏小屋でニワトリがたった一匹のイタチに皆殺しにされる事があるのはその為である。

今回トキが全滅に近いところまで至ったのは決してトキが「弱い種」だからではなくて、悪条件が重なった末での不幸な事故だった、としか言いようが無い。


トキ保護活動がカネの無駄呼ばわりされ、あまつさえ「絶滅さしてしまえ」等と罵られるのは正直、腹立たしいし哀しい。
何て言ったって、お隣の中国ではもう野生復帰が成功してるんだから。


とか言ってたら、こんな意見も見た。
「中国のトキを日本に定着させるのって、外来生物法に引っ掛かるんじゃないの?」
「ニッポニア・ニッポンって絶滅しちゃったんでしょ?中国のトキは似たような別の種類なんでしょ?」




動物に詳しくない人の認識なんてこんなものなのかも知れないが、非常にモヤモヤする。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

熊猫堂(ぱんだどう)

Author:熊猫堂(ぱんだどう)
獣絵描き。パンダとか恐竜とかをもそもそと描いています

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。