スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【古生物画廊・恐竜編】ズニケラトプス

“ズーニー族のツノのある顔”

(Zuniceratops)

*データ*
<分類>爬虫綱鳥盤目(周飾頭亜目)ネオケラトプス科
<大きさ>全長2.5~4m
<食性>植物食
<発掘地>アメリカ(白亜紀中期)

ケラトプス類(トリケラトプスやスティラコサウルスの仲間)の進化の歴史上、最もはじめに明確な「ツノ」を発達させた種です。
他のケラトプス類であれば短い円錐形のツノが生じる鼻先の部分にはツノが無く、平らな構造になっているのも特徴的です。また、歯根が1本の歯(プロトケラトプスなど原始的なケラトプス類の特徴)と歯根が2本の歯(より進化したケラトプス類の特徴)の2種の歯を持っていた事も明らかになっており、成長過程で歯の形態が変化するのではないかと推測されています。
名前は発掘地であるニューメキシコの先住民族・ズーニー族に因んでつけられました。


(イラスト・文責*熊猫堂)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

熊猫堂(ぱんだどう)

Author:熊猫堂(ぱんだどう)
獣絵描き。パンダとか恐竜とかをもそもそと描いています

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。