スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【古生物画廊・恐竜編】プテロダウストロ

“南から訪れる翼”

※厳密には恐竜とは異なる爬虫類ですが、便宜上「恐竜」のカテゴリでお届けします

Pterodaustro

*データ*
<分類>爬虫綱翼竜目プテロダウストロ科
<大きさ>翼開長1~1.2m
<食性>濾過食
<発掘地>アルゼンチン、チリ(白亜紀前期)

体に比して長い嘴を持ち、その嘴が上にやや反った形状を呈する翼竜です。上嘴の歯は瘤状に退化していましたが、下顎の歯はまるでブラシの毛のように並んで生えていました(1㎝あたり24本もの密度で生えており、約1000本もの歯が下顎に存在していたと言われています)。
この嘴を浅瀬で揺り動かして水中のプランクトンや藻類などを濾過して食べていたと考えられています。
また、アルゼンチンではこの翼竜の集団繁殖地の化石が見つかっており、プテロダウストロが現存のある種の水鳥のように、集団で巣作り・子育てをした可能性が示唆されています。


(イラスト・文責*熊猫堂)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

熊猫堂(ぱんだどう)

Author:熊猫堂(ぱんだどう)
獣絵描き。パンダとか恐竜とかをもそもそと描いています

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。