スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【古生物画廊】アセラテリウム

“ツノのない獣”

Aceratherium

*データ*
<分類>哺乳綱奇蹄目サイ科
<大きさ>全長2~3m
<食性>植物食
<発掘地>ヨーロッパ、北アジア~中央アジア、北アメリカ(中新世~鮮新世)

ツノを持たないサイの仲間です。ツノを持たない代わりに下顎が非常にしゃくれており、長い牙が1対飛び出していました。この牙は主に摂食の補助に使われたようですが、時にはイノシシの牙のように武器としても役立ったかも知れません。
アセラテリウムのような牙を持つサイは北半球の広範囲にわたって広く分布し、一時期非常に繁栄していました。これらのサイ類を、しゃくれた下顎に因んで「大唇犀」(だいしんさい)と呼ぶ事があります。


(イラスト&文責 熊猫堂)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

熊猫堂(ぱんだどう)

Author:熊猫堂(ぱんだどう)
獣絵描き。パンダとか恐竜とかをもそもそと描いています

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。