スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【古生物画廊・恐竜編】ラブドドン

”縦溝掘りの歯”

Rhabdodon

*データ*
<分類>爬虫綱鳥盤目(鳥脚亜目)ドゥリオサウルス科
<大きさ>全長4~5m
<食性>植物食
<発掘地>ルーマニア、フランス、スペイン(白亜紀後期)

原始的な特徴と進化した特徴を具え持つ珍しい植物食恐竜で、当時小さな島の集まりだったヨーロッパの各地に棲息していたと考えられています。脚や体ががっちりとしている所処はイグアノドンに似ていますが、骨格や歯の特徴はカムプトサウルスなどのより原始的なイグアノドン類やドゥリオサウルスに近いのです。この為、島と言う環境に隔離されたドゥリオサウルスに近縁な小型の植物食恐竜が、独自の進化を遂げて大型化した(※)恐竜ではないかと推測されています。科については確定された意見がありませんが、当ブログでは暫定的にドゥリオサウルス科とする説を採用しました。

※島と言う(大陸と比べて)狭い環境に隔離された動物は、大型の動物ほど小型化し、逆に小型の動物ほど大型化する傾向があります。


(イラスト&文責 熊猫堂)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

熊猫堂(ぱんだどう)

Author:熊猫堂(ぱんだどう)
獣絵描き。パンダとか恐竜とかをもそもそと描いています

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。