スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【古生物画廊】コンフウキウソルニス

“孔子(古代中国の思想家)の鳥”

Confuciusornis

*データ*
<分類>鳥綱コンフウキウソルニス目コンフウキウソルニス科
<大きさ>全長30㎝(但し、オスは更に30㎝程度の飾り尾羽を持つ)
<食性>おそらく雑食
<発掘地>中国(白亜紀前期)

角質の嘴を持つ最古の鳥類です。歯を持たず、尾椎骨が短く退化している事は現代の鳥類に良く似ていますが、一方で翼(前脚)に鋭い爪がある指が残り、翼の可動部分の自由度が寧ろ本種より古い時代のシソチョウよりも劣ると言う特徴があります。これは鳥類進化の歴史において、現存する鳥類が持ち合せる特徴と祖先である肉食恐竜の持つ特徴とがモザイク状に入り混じっていた事を示すとされ、鳥類進化の複雑さを示す良い例だと言えましょう。
化石は数百体にも及ぶ数が発掘され、非常に良く研究されている古代鳥のひとつです。オスと思しき個体には、細長い板状の飾り尾羽が存在していました。


(イラスト&文責 熊猫堂)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

熊猫堂(ぱんだどう)

Author:熊猫堂(ぱんだどう)
獣絵描き。パンダとか恐竜とかをもそもそと描いています

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。