スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【古生物画廊・恐竜編】チンタオサウルス

“青島(チンタオ、中国の一地名)所縁の爬虫類”

Tsintaosaurus

*データ*
<分類>爬虫綱鳥盤目(鳥脚亜目)ハドロサウルス科
<大きさ>全長7~10m
<食性>植物食
<発掘地>中国(白亜紀後期)

頭部に備わったトサカが特徴的な大型の植物食恐竜です。このトサカについては、(本種のものと断定可能な頭部の標本に関しては)不完全な標本しか無かった為に「鼻の骨が分離変形したもので、元来はトサカの無い平坦な鼻面だった」とされたり、一角獣のツノを連想させる棒状の突起物として復元されていた事もありました。然し、近年の研究から、それまで棒状の突起物として復元されていたトサカが実は「板状の大きなトサカの一部」である可能性が示唆されました。
湿潤な氾濫原に群れで棲み、様々な植物を食べて暮らしていたと推測されています。


復元の変更に伴い、過去エントリーを再編してお届けしています。尚、過去エントリーに関しては後日削除の予定です。
(イラスト&文責 熊猫堂)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

熊猫堂(ぱんだどう)

Author:熊猫堂(ぱんだどう)
獣絵描き。パンダとか恐竜とかをもそもそと描いています

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。