FC2ブログ

共感性羞恥

『共感性羞恥』と言う語句をアナタは御存知ですか?

フィクション・ノンフィクションの別を問わず、目の前で起きている出来事の中で、特定の誰かが悲惨な目に遭ったり笑い者にされたりすると自分の事のようにダメージを感じる事を指します。

ワタクシはどうもこの共感性羞恥の傾向がかなり強いらしく、例えばフィクションを読んだり観たりした時に主人公や愛着のある登場人物が酷い目に遭うと凄まじく疲弊したり、リアルで自分と関係の無い所処で誰かが叱責をされたりしようモノなら数時間は立ち直れない位にメンタルが落ちます。

長らく、これを自分の感受性に何か異常があるからだろう、と思っていたのですが、共感性羞恥に関するニュースを見て『嗚呼、これだったのか』と納得したものです。

然し、原因が判ったからと言ってそれでオシマイではありません。
克服する術を見つけなければ、日常生活に支障を来たしてしまいます。

社会復帰したら、オフィスで誰かが叱責されるなど日常茶飯事ですし、それで無くてもギスギスしたこの現代社会、いつ何処で誰が誰かから叱責を受けていないとも限りません。
いや、ぶっちゃけてしまえば、ワタクシはこの共感性羞恥の為に、大多数のフィクションを読んだり観たり出来なくなったのです。

例えば、ワタクシが好きなキャラクターが居たと仮定します。
そのキャラクターの小説なり、ヴォイスドラマCDなりを観たり聴いたりしたとします。
そのキャラクターが劇中悲惨な目に遭うと、もうダメです。
心拍数と血圧が上がり、具合が悪くなります。
例え後で起死回生の展開が約束されてても、です。

この因果な体質の為に、ワタクシはTwitter等で応援しているキャラクターの量販物を怖くて手に取る事が出来ず、結果的にそのキャラクター運営に対し不利益をもたらすに至っているのです。
また、他のファンの方と話題を共有する事も出来ず、コミュニティの中で孤立する一方です。
罪悪感を感じずには居られません。

どなたか、共感性羞恥を解消する良い方法を御存知ではありませんでしょうか。

追記
『お前自作品のSSで主人公が窮地に立つ描写書いてたよな?あれは大丈夫なのか?』と言う声を頂きました。
結論から言うと『大丈夫じゃなかった』です。
必要に迫られあの描写を入れましたが、書いた後に吐きました。
後にも先にもSSを書いて吐く等と言う事はあの時限りだと思います。
今後も、必要に迫られない限りそう言う描写は極力避けようと考えています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

似たような感じです

いつもホームページ拝見してます。

共感性羞恥という言葉は初めて聞きましたが、内容は身に覚えがあります。
人が叱られているのを見聞きするだけで
過剰に萎縮してしまいます。
カウンセラーに相談中です。
HSPというのに当てはまるのかなと勝手に思ったりしてます。
わたしも社会が怖いです。
なんの答えも書けず申しわけありません。
似たようなことで悩んでいることを伝えたくて書きました

コメントありがとうございます

CKさんも共感性羞恥に苦しんでらっしゃるのですね。
大変だろうと思います。
殊にこのギスギスした世の中では怒号を聞かない日の方が少ない位ですから。
お互い解決の道が見える事を願うばかりです。
プロフィール

龍熊子 貊(りゅうゆうし・ばく)

Author:龍熊子 貊(りゅうゆうし・ばく)
獣絵描き。通称『テクパン』。パンダとか恐竜とかをもそもそと描いています

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード