スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【古生物画廊・恐竜編】チンタオサウルス

“青島(チンタオ、中国の一地名)所縁の爬虫類”

Tsintaosaurus

*データ*
<分類>爬虫綱鳥盤目(鳥脚亜目)ハドロサウルス科
<大きさ>全長7~10m
<食性>植物食
<発掘地>中国(白亜紀後期)

頭部に備わったトサカが特徴的な大型の植物食恐竜です。このトサカについては、(本種のものと断定可能な頭部の標本に関しては)不完全な標本しか無かった為に「鼻の骨が分離変形したもので、元来はトサカの無い平坦な鼻面だった」とされたり、一角獣のツノを連想させる棒状の突起物として復元されていた事もありました。然し、近年の研究から、それまで棒状の突起物として復元されていたトサカが実は「板状の大きなトサカの一部」である可能性が示唆されました。
湿潤な氾濫原に群れで棲み、様々な植物を食べて暮らしていたと推測されています。


復元の変更に伴い、過去エントリーを再編してお届けしています。尚、過去エントリーに関しては後日削除の予定です。
(イラスト&文責 熊猫堂)

一部過去記事を非公開にしました

どうもこんにちは。熊猫堂です。

過去記事の内、「空想生物」と「翼ある者の詩」を非公開にしました。
「翼ある者の詩」の記事に関しては、近い内に内容を編集し「現存動物」のカテゴリに移行する予定です。
「空想生物」の記事の扱いについては未定です。
以上、悪しからずご理解頂けますよう宜しくお願い申し上げます。

【古生物画廊・恐竜編】ムスサウルスとスキウルミムス

今日に至るまで数多くの恐竜化石が発掘されて居ますが、その中には人間で言う「おとな」の化石だけではなく、当然の事乍ら「こども」の化石も含まれています。
元々恐竜の化石自体、全身像が判るほど完全な状態で見つかる事が稀である(種によっては逆に化石量が豊富で成長過程が詳しく判明して居るものも存在しますが)為、恐竜の「こども」についてはそれほど多くが判明している訳ではありません。然し、中には驚くべき発見を含む保存の良い化石が見つかる例もあります。その中でも、とみに有名な2例を紹介します。


“ハツカネズミの爬虫類”

ムスサウルス Mussaurus 
*データ*
<分類>爬虫綱竜盤目(竜脚亜目)プラテオサウルス科
<大きさ>全長15~20cm
<食性>植物食
<発掘地>アルゼンチン(三畳紀後期)

カミナリリュウに近い仲間である「原竜脚類」と呼ばれる仲間の「こども」の化石です。タマゴ、孵化したての「こども」、ある程度成長した「こども」の化石が複数見つかっています。
タマゴの大きさはウズラのタマゴとほぼ同じ大きさで、孵化したての「こども」の化石は人間の掌にすっぽりと収まる程の大きさしかありませんでした。
「ハツカネズミの爬虫類」と言う属名はこの小ささに由来するものです。
タマゴの親の化石は見つかってませんが、成長すれば「おとな」は全長3m程になっただろうと推測されています。


“リスを模倣する者”

スキウルミムス Sciurumimus
*データ*
<分類>爬虫綱竜盤目(獣脚亜目)メガロサウルス科
<大きさ>全長70cm
<食性>肉食
<発掘地>ドイツ(ジュラ紀後期)

一方此方はメガロサウルス類に属する大型の肉食恐竜の「こども」と考えられる化石です。ほぼ全身が保存された1体分の化石が見つかっています。
最大の特徴は化石に羽毛が生えていた痕跡が残っていた事で、特に全長の半分を占める長い尾にはふさふさとした毛が密集して生えていました。その尾がまるでリスの尾にそっくりである事からスキウルミムス…「リスを模倣する者」と言う属名がつけられました。
この化石は、少なくとも肉食恐竜の一部の「こども」がふさふさした毛皮を持っていた可能性を示唆すると同時に、これまで羽毛の痕跡が確認されて居なかったメガロサウルス類にも羽毛を持つ種類が存在した事を裏付ける資料として貴重です。


(イラスト&文責 熊猫堂)

【古生物画廊】ヴォラティコテリウム

“飛ぶ獣”

volaticotherium

*データ*
<分類>哺乳綱翔獣目ヴォラティコテリウム科
<大きさ>全長15cm
<食性>昆虫食
<発掘地>中国(ジュラ紀後期~白亜紀前期)

既知で最古の飛行する哺乳類と考えられています。これまでは、初期のコウモリ類が最古の飛行する哺乳類とされていましたが、本種の発見はその地質学的記録を大幅に遡らせる事となりました。また、奇しくもこの時代は最古の鳥類である始祖鳥の生息時期と程近く、哺乳類(ヴォラティコテリウム)、鳥類(始祖鳥)、爬虫類(翼竜類)と多くの脊椎動物が空に進出する何らかの切欠があったであろう事を匂わせます。
四肢に皮膜があるその姿はムササビやモモンガに似ていましたが、特に類縁関係は無く、収斂進化に拠るものであろうと考えられます。顎には比較的単純な尖った歯が生えており、昆虫などの小動物を捕食していたものと推測されています。

(イラスト&文責 熊猫堂)

バン

こう見えてツルに近い仲間です

Moorhen

旧ブログで公開していたイラストから1枚チョイスしてみました。

バンはツルやクイナに近い仲間で、ハト位の大きさの水鳥です。最大の特徴は体に比べて足の指が非常に長い事で、この指を水中で広げてぎこちなく泳いだり、ヨシが積もった湿地をひょこひょこ歩いたりします。用心深い性質の為野外でもなかなかその姿を見る事が出来ませんが、意外に人家の近くでも環境さえ整っていれば繁殖するタフさを持っています。


(イラスト&文責 熊猫堂)
プロフィール

熊猫堂(ぱんだどう)

Author:熊猫堂(ぱんだどう)
獣絵描き。パンダとか恐竜とかをもそもそと描いています

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。