FC2ブログ

サイトを更新しました

本サイトの「100Animals」をリニューアルしました。
作業時間の関係で僅かなページしか追加出来ませんでしたが、今後、少しずつページを増やしていきたいと考えております。

然し、改めて見ると誤字脱字やイラストの粗が酷い(^_^;)
次回更新の時は、先ずこの辺を改めなければいけませんね。

ドラクエクラスタを卒業します

Pixivのワタクシのギャラリーからドラクエ関連のイラストが消えた事と、先にmixi上にてPixivのドラク絵撤去のお知らせをしたのとで、勘の鋭い方は既にお察しかと存じますが、ワタクシこと龍熊子貊は今春を以てドラクエ創作界隈から完全に離れる事に致しました。

2年程前に睡眠障害の余波で酷いスランプを患い、その後、ふとした切っ掛けから色鉛筆主体のアナログイラストに回帰して、好きだった動物のイラストから手をつけて、やっと再び絵が描けるようになったその矢先…。
ドラクエガチ勢を名乗る人物に、メールで以下のような罵倒を受けました。

『最近のテクパンは動物関連のオリジナルばかり描いてて、非常につまらない。ドラク絵を描かないテクパンに存在意義なんか無い。キモい』

一瞬で頭に血が昇りました。

酷いスランプをようやっと脱し、好きな分野である動物のイラストからリハビリを開始して、やっと以前のように描けるようになったのに、それを全否定されたような気がしたからです。

同じ頃、Twitterのフォロアーの内複数名居たドラクエクラスタからフォローを外され、しかも此方がツイートを確認出来ないようにタイムラインを非公開にされた事も、ドラクエクラスタ不信に追い討ちをかける事となりました。

…創作の守備範囲を狭め、好きなジャンルに没頭する良い切っ掛けだったのかも知れません。
今は心穏やかに動物のイラストに打ち込む事が出来て、幸せです。

ドラク絵師だった過去は、黒歴史として墓場まで持って行く事にします。

戻って来ました。

どうもお久し振りです。ころころHNが変わる事に定評がある『元』熊猫堂です。

いろいろあり過ぎて語り出すとキリが無いので仔細は控えますが、この度、HNを改めて新規一転、気持ちも新たにネット上での活動を再開する事と致しました。

パソコン環境が壊滅状態なので、サイトの更新は月に一度位、外部のパソコンから行う予定でおりますが、ブログの方はタブレットからも更新出来るので、負担にならない範囲で更新したいと思います。

改めて、宜しくお願い申し上げます。

龍熊子 貊

カテゴリを増やしました

カテゴリ「お絵描き・古生物」を細分化し、「古生物(哺乳類)」「古生物(鳥類)」「古生物(恐竜)」「古生物(その他爬虫類)」「古生物(その他)」に分けました。
その他爬虫類に関しては、恐竜と翼竜以外の爬虫類の他、所謂「哺乳類型爬虫類」もカテゴライズされています。昨今の学説では哺乳類型爬虫類は厳密な意味の爬虫類では無いようなのですが、混乱を避ける為敢えて旧来の学説に則ったカテゴライズニしました。必要があれば、随時変更して行きます。

【古生物画廊】リオプレウロドン

“側面がなだらかな歯”

Liopleurodon

*データ*
<分類>爬虫綱鰭竜目プリオサウルス科
<大きさ>全長15~18m
<食性>肉食
<発掘地>イギリス、フランス、ドイツ(ジュラ紀後期)

首の短いクビナガリュウの仲間で、海生爬虫類の中でも最大級の部類です。海の爬虫類としては恐らくジュラ紀最強の捕食者で、その生態系は現代のシャチやマッコウクジラに近かったであろうと考えられています。大きな顎、鋭い歯、発達した鰭を持ち、外洋を力強く泳ぎながら、ありとあらゆる海の生き物を捕食していたのでしょう。時には浜辺を歩く恐竜すら捕食していたようで、化石の胃袋の部分から海洋生物の遺骸に混じって恐竜の骨が見つかった例もあります。

(イラスト&文責 熊猫堂)
プロフィール

龍熊子 貊(りゅうゆうし・ばく)

Author:龍熊子 貊(りゅうゆうし・ばく)
獣絵描き。パンダとか恐竜とかをもそもそと描いています

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード